2012.2.20 update

2011年12月4日に開催致しました、ONENESS!project「Flower Project」ではたくさんの方々にご協力いただき、本当にありがとうございました。スタッフ一同、心から感謝の気持ちで一杯です。
※サイトでのご報告が遅くなってしまったことお詫び申し上げます。

当日は、おかげさまで300人以上の方々にご協力いただき、寄付金506,994円を集めることができました。

イベント参加費(募金含)1,171,589円
イベント経費(パーティー飲食代、照明、音響代等)664,595円
寄付金総額506,994円

※各諸経費を合計より引かせて頂いております。

この寄付金は、NPO法人ソーシャルコンシェルジュによる「仮設住宅にコミュニティガーデンを作るプロジェクト」に全額寄付され、4月末、建設予定のコミュニティガーデン設置のための資金として大切に使わせて頂きます。こちらのプロジェクト実施については、当サイトにて再度ご報告させていただきます。

仮設住宅にコミュニティガーデンを作るプロジェクト

高齢者の多い被災地の仮設住宅。住民同士のコミュニケーション向上、コミュニティビルディングのため、コミュニティ・ガーデンを作ります。野菜やお花を植え、イスやテーブルを置き、住民みんなで育てながら、気軽に集える場所です。 NPO法人ソーシャルコンシェルジュが去年より毎月開催しております、地球や人にやさしい農法で循環型の農的くらしを学ぶ「Food Forest Club八ヶ岳プロジェクト(FFC)」の有志が仮設住宅の方々と一緒にガーデン作りを行います。

→昨年10月1日2日実施「仮設住宅にコミュニティガーデンを作るプロジェクト」第1段レポート

当日の模様

被災地支援を行っているフォトグラファーやヘアメイクアーティストの方から現地での状況や経験談をお話しして頂きました。
ONENESSスタッフを始め、集まって下さった方々にも広く伝わり、皆それぞれに"何か"を感じる時間となりました。
被災地の方々が口を揃えて言われるのは「震災で起こったことを忘れないでほしい」ということ。
私たちの答えは「継続していく」という決意。
azumiちゃんがライヴ中に語った「私のできることをやり続けていく」という言葉はとても印象的でした。
震災からどれだけ時間がたっても消えない現実。それは忘れられない、忘れてはいけない事実。その中で私たちそれぞれができることを見つけて、継続していこう。